低血圧はサプリメントで解消【不快な症状をシャットアウト】

鉄分が不足すると

栄養剤

効率の良い摂取方法

貧血と言えば鉄分が不足してしまうことで起こるものです。特に女性は毎月鉄分を失ってしまうため、効率よく摂取して貧血を予防したいものです。鉄分を効率よく摂取するためにはヘム鉄を摂取するようにしましょう。鉄分には動物性の肉や魚に含まれているヘム鉄と、野菜などに含まれている非ヘム鉄の2種類がありますが、ヘム鉄の方が対内での吸収率が良いのです。「貧血にはレバーを食べれば良い」というのは、体内での吸収率を考えても理にかなっているのです。他にもゆっくり良く噛んで食べるだけで胃液が分泌されやすくなり鉄分の吸収率は上がります。調理の際にも鉄製のフライパンや鉄瓶を使うようにすると鉄分が食べ物や水に溶けだして摂取されやすくなります。

鉄分だけじゃない

貧血の特徴は血液の中のヘモグロビンの体内での生成量が減ってしまうことです。ヘモグロビンは酸素を身体中の細胞に届ける仕事をしているのですが、ヘモグロビンが不足してしまうと酸素が行き届かなくなってしまって酸欠状態になっている状態になります。この状態が鉄欠乏性貧血と呼ばれているものです。しかし貧血には鉄分の不足だけではなく、葉酸が不足していることで起こる巨赤芽球性貧血を引き起こすこともあります。これは葉酸が不足していることで赤血球が巨大化してしまい酸素を運ぶことができなくなった結果、酸欠を起こして貧血になってしまうのです。鉄分を摂取しても貧血が改善しない場合には、葉酸不足が原因の貧血のケースもあります。